大内のお殿様(新踊り)の

一般向け(正面、背面)
子ども向け(正面、背面)

の動画は、著作権侵害により削除するよう、権利を持つ振付師の方から申し入れがあったため、削除いたしました。
アクセスしてくださった皆さまには、大変ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。


大内のお殿様(旧踊り)の
正面、背面

の動画は、著作権侵害により削除するよう、権利を持つ振付師の方から申し入れがあったため、削除いたしました。
アクセスしてくださった皆さまには、大変ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。


この記事は、交流センター駐輪場での会話をもとに構成されています。法律根拠などは、ご自身でお調べください。あしからず。

駐輪場のチャリ2台。ハンドルに傘を固定するアレに、日傘が装着されていました。
(写真はないけど、わかりますよね)

女性パート① 「まぁ、ええの着けちょってやね~。これ違法にはならんの?」
おおむぎの心 “ふむふむ、どうなそ?”
女性パート② 「手放し運転じゃないから違法じゃないわよ。便利よね~。」
おおむぎの心 “ふむふむ、そうなそ?”
女性パート② 「でも、もう売ってないんよ。大阪になら売ってるんよね~。」
おおむぎの心 “まじすか。そうなそ?”
女性パート① 「そうなのねぇ~。あら、私が着けてるのより、とってもいいわぁ~。」
女性パート② 「大阪に知り合いがいるから、売ってたら教えてあげるわ~。」
女性パート① 「あら、ほんとに。助かるわぁ~」
おおむぎの心 “あら、なかよしだこと。”


ランプちゃん 「アレに日傘つけて、UVカット効果あるん?守備範囲もせまくない?」

おおむぎ 「・・・」

ランプちゃん 「手放しじゃないけど、風吹いたら危ないよね。視界悪いし。」

おおむぎ 「・・・」

ですよね。おっしゃるとおり。
法律問題よりも、安全かどうか、大切ですね。


  交流センター駐輪場にて
  おおむぎと自転車日傘差し談義(傍聴)


白石は糸米の木戸神社周辺、木戸公園がありますであります。
4月29日のこと、そのあたりにて、春の風物詩「よもぎ摘み」がありました。

そんななか、木戸公園の新緑が、見ごろで見もの。


赤と緑のコントラストが何とも言えぬコントラストで、いかんとも言い難くステキです。
もみじのトンネルに誘われ進んでいくと、ちょっとさびしげな山陰の道・・・そこを抜ければ、なんということでしょう
ば~んと拓けた明るい公園です(写真なし)。


ふじも咲いてます。
山を流れる川からは、聞き覚えのないカエルの鳴き声もします(しばしジョーさんと聞き入る)。
犬の散歩や、人の散歩にも結構人気スポットなようすです。

ちょっと(?)足をのばせば、例の鴻ノ峰山頂付近・・・であります。
ぜひ一度、新緑のステキなうちにどうぞ。

  糸米の木戸公園にて
  おおむぎと自然の恵み&散歩のすゝめ